b r i c k
...

建設業の業務改善
スムーズにするツール

「brick(ブリック)」は、案件・予算情報、発注・支払情報などを積み上げ、収支管理や受発注管理、情報共有を行うツールです。brickは「施工以外」の時間を効率化し、確保できるようにします。
建設業 工事関連事業 など、案件単位での収支管理・予算管理やパートナー会社との連携が必要な業種におすすめです。

プランを確認して brickをはじめる
brickの詳しい資料を ダウンロードする
brickの詳しい話を聞きたい お打合せを予約
...

営業・管理・現場・発注先・経理をつなげる。

brickの詳しい資料を ダウンロードする
brickの詳しい話を聞きたい お打合せを予約

「brick」はさまざまな業務アプリと連携しており、「brick」を介してすべての業務フローを整理し、見える化・効率化を実現します。 また、「brick」は業務フローを固定していないので、まず使いたい担当部署から使い始めることができます。 例えば、総務部門から支払情報のみ入力し、会計ソフトへ取り込むフローだけ始めるといったことも可能です。

営業・管理・現場・発注先・経理をつなげる。

brickの詳しい資料を ダウンロードする
詳しい話を聞きたい お打合せを予約

「brick」はさまざまな業務アプリと連携しており、「brick」を介してすべての業務フローを整理し、見える化・効率化を実現します。 また、「brick」は業務フローを固定していないので、まず使いたい担当部署から使い始めることができます。 例えば、総務部門から支払情報のみ入力し、会計ソフトへ取り込むフローだけ始めるといったことも可能です。

Image

発注後に仕様変更が発生

設計図など、ドキュメントが変更になったので、brickの公開機能を使ってドキュメント更新を連絡。発注先の担当者もLINEで通知が来るので、現場にいても気づきます。

brickは、全世界で多くのユーザに利用されている「Box」「Dropbox」と連携しています。

LINE Box Dropbox

発注後に仕様変更が発生

設計図など、ドキュメントが変更になったので、brickの公開機能を使ってドキュメント更新を連絡。発注先の担当者もLINEで通知が来るので、現場にいても気づきます。

brickは、全世界で多くのユーザに利用されている「Box」「Dropbox」と連携しています。

LINE Box Dropbox
Image

経理処理へ繋げる

登録した受注案件、発注・支払情報は、会計ソフトへの取込ファイルが出力できます。これにより、受発注管理・収支管理から会計処理までが繋がります。

brickは、日本国内で多くのユーザに利用されている会計ソフトと連携しています。

弥生会計 マネーフォワードクラウド会計 freee

経理処理へ繋げる

登録した受注案件、発注・支払情報は、会計ソフトへの取込ファイルが出力できます。これにより、受発注管理・収支管理から会計処理までが繋がります。

brickは、日本国内で多くのユーザに利用されている会計ソフトと連携しています。

弥生会計 マネーフォワードクラウド会計 freee
Image

支払処理も効率化

事前にbrick上で工事情報と一緒にシェアをして、担当者に支払確認。支払確認ができたら、全銀協フォーマットで支払情報をダウンロードして、毎月の支払処理の効率化ができます。

支払処理も効率化

事前にbrick上で工事情報と一緒にシェアをして、担当者に支払確認。支払確認ができたら、全銀協フォーマットで支払情報をダウンロードして、毎月の支払処理の効率化ができます。

「brick」はこんな課題を解決します。

こんな課題を解決します。

01

伝達漏れのトラブル

案件情報のやりとりをExcelや口頭で行っており、伝達が遅かったり、伝達が漏れていたりして、結果情報整理に余分なコストが発生している。

02

状況確認の遅れ

現時点での支払予定額・入金予定額を知りたい時にリアルタイムで把握することができず、計画を正しくたてられない。

03

本来すべき作業ができない

伝達漏れや追加の小額案件の請求等が締め日近辺に多く発生し、書類整理・チェックで忙殺されている。

建設業界における 『brick』活用事例

業務運用上の具体的な『brick』の活用事例をご紹介しております。

Image
業務改善
働き方改革
時間外労働の上限規制

2024年4月から始まる時間外労働の上限規制と建設業の「働き方改革」

近年、日本が直面している「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況を改善していくために、「働き方改革」として労働法の改正が順次行われてきました。 建設業界においても、働き手の高齢化や若年層の減少など、様々な問題が取り沙汰されています。 建設業界では、2024年4月から時間外労働の上限規制が始まります。それまでに取り組むべきことを確認し、今から対応を始める必要があります。

Image
業務改善
受発注

協力会社との発注のやり取りを効率的に行いたい

協力会社への発注作業は、「発注書の作成」「社内での回覧・承認」「発注書の送付」「関連資料の共有」「協力会社へのメールや電話での連絡」「請書のやり取り」など、たくさんの手順があります。 これらの作業は基本的に毎日、かつ様々な協力業者に対して行うことになるため、少しでも効率よく行うことが課題となります。

Image
業務改善
支払管理

毎月の支払処理にかかる時間を削減する

毎月の支払作業は、経理部門の大きな負担となっていることが多くあります。 経理部門に届いた請求書がどの案件のものか仕分けした後に、担当部署・担当者へ確認し、その後支払処理作業を行う。 場合によっては、担当部署・担当者からの返答が期限ギリギリになったり、伝達漏れや追加の小額案件の請求等が締め日近辺に多く発生し、書類整理・チェックで忙殺されてしまい、 本来すべき作業がまったくできない…など。

brickを試してみましょう。

brickを試してみましょう。

無料プランから、より多くの機能を使える有料プランまで、最適なプランを選べます。
有料プランは初回登録につき、30日間無料で試せます。自社の業務運用にマッチするかどうか、まずはトライアル。
Scroll Top
ご不明な点はございませんか?

brickをご検討中の企業様に、オンラインでご説明をしております。お気軽にご利用ください。

brickの詳しい話を聞きたい お打合せを予約