b r i c k

情報を積み上げ
業務をスムーズ

「brick(ブリック)」は、案件情報や予算情報を積み上げ、収支管理や情報共有を行うツールです。社内担当者・発注先業者との情報共有を効率的にします。

建設業 工事関連事業 など、案件単位での収支管理・予算管理やパートナー会社との連携が必要な業種におすすめです。

brickをはじめる 資料ダウンロード

「brick」を利用して 業務を効率化しましょう。

「brick」を利用して 業務を効率化しましょう。

案件の収支状況をリアルタイム確認

現時点の収支状況がダッシュボードでリアルタイムにグラフ化されているので、全体の状況を常に把握できます。

書類をbrickと繋げて情報を一元化

「box」連携機能を使用すればboxに保存された見積書や請求書、その他にも関係するあらゆる書類を関連付け、いつでも参照することができます。

担当者間の情報共有をスムーズに

受注案件の状況や発注前の確認など、案件情報を共有。コメント機能により担当者同士のコミュニケーションを円滑に。

請求・支払を通知でリマインド

請求日と支払日を設定しておけば通知されます。請求や支払のリマインダーとして活用できます。

その他にも業務をサポートする機能が多くあります。 brickを試してみましょう。

その他にも業務をサポートする機能が多くあります。 brickを試してみましょう。

brickは初回登録につき、30日間無料で試せます。自社の業務運用にマッチするかどうか、まずはトライアル。
Image

業務運用に合った機能が標準搭載

建設会社向けパッケージシステム「i-KSP」などで培ったノウハウを活用しています。

業務運用に合った機能が標準搭載

建設会社向けパッケージシステム「i-KSP」などで培ったノウハウを活用しています。

入出金の管理を確実に
煩雑になりがちな支払予定。 brickで支払予定を通知で把握したり、今月の入金支払予定を確認して、漏れをなくせます。
情報共有を正確に
1日顔を合わせない担当者。brickの登録情報をシェアすることで、 「電話よりも正確に」「メールよりも手軽に」。
連絡漏れを失くす
発注後の変更。担当への連絡漏れが心配。 brickなら、再公開した時にメール・LINEで通知。既読確認も可能です。

「brick」はこんな課題を解決します。

「brick」はこんな課題を解決します。

01

伝達漏れのトラブル

案件情報のやりとりをExcelや口頭で行っており、伝達が遅かったり、伝達が漏れていたりして、結果情報整理に余分なコストが発生している。

02

状況確認の遅れ

現時点での支払予定額・入金予定額を知りたい時にリアルタイムで把握することができず、計画を正しくたてられない。

03

本来すべき作業ができない

伝達漏れや追加の小額案件の請求等が締め日近辺に多く発生し、書類整理・チェックで忙殺されている。

最適なプランをお選びいただけます。

規模や用途に応じて柔軟にプランを選ぶことが可能です。初回登録につき、30日間無料で試せます。自社の業務運用にマッチするかどうか、まずはトライアル。

最適なプランを
お選びいただけます。

規模や用途に応じて柔軟にプランを選ぶことが可能です。初回登録につき、30日間無料で試せます。自社の業務運用にマッチするかどうか、まずはトライアル。

Starter

試したい小さいチーム・個人向け

無料トライアル30日間

メインアカウント数: 3

パートナーアカウント数(※): 5

マイリスト機能

全銀協フォーマット出力機能

参照のみ権限の付与機能

更新履歴の確認機能

外部サービス連携

優先サポート

\ 9,900 /月
Business

業務で利用したい中規模チーム向け

無料トライアル30日間

メインアカウント数: 15

パートナーアカウント数(※): 30

マイリスト機能

全銀協フォーマット出力機能

参照のみ権限の付与機能

更新履歴の確認機能

外部サービス連携

優先サポート

\ 39,900 /月
Enterprise

大きな案件を管理する大規模チーム向け

無料トライアル30日間

メインアカウント数: 50

パートナーアカウント数(※): 100

マイリスト機能

全銀協フォーマット出力機能

参照のみ権限の付与機能

更新履歴の確認機能

外部サービス連携

優先サポート

\ 95,000 /月
※ 表示価格はすべて税抜き価格です。
※ パートナーアカウント数とは、発注連絡通知やLINE連携を行う際に使用するアカウント数です。登録できる発注先数ではありません。

brickを試してみましょう。

brickを試してみましょう。

brickは初回登録につき、30日間無料で試せます。自社の業務運用にマッチするかどうか、まずはトライアル。
Scroll Top